プロフィール

MTMマツカワ

Author:MTMマツカワ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MTMミニ四駆チャレンジCUP Vol-06 開催概要



約2年の沈黙を破りあのミニ四駆カツフラレースが帰ってきた!、MTMミニ四駆チャレンジカップ Vol-06大会開催決定!!、今大会は2013年シリーズのミニ4グラチャンシリーズの最終戦でもあり年間チャンピオンの表彰式も予定しています。

【大会日程】
■開催日時 2013年12月22日(日)
■開催会場 香川県丸亀市民会館 TEL:0877-23-4141(大会のお問い合わせは出来ません)
■入場時間 AM9:00
■参加費用 1000円(予定)/モーター持込 (2個まで)
■受付日時 11月24日(日)PM8:00より専用メールアドレスにて(予定)
■参加定員 一般募集50名(先着順)
■クラス分 チューンクラス、ダッシュクラスで上位3名づつ表彰


【レース方式】
■タイムアタック方式/5アタック
 ・チューンクラス、ダッシュクラス併せて1人5回までのアタックが出来る。
 ・使用モーターによって参加できるクラスが限定されるのでご注意ください。
 ・チューンクラス上位10名にはMINI4GCSポイントが加算されます。
 ・各クラス上位5名の使用モーターは全て分解開封し状態を一部公開します。
 ・開封したモーターはその後のレースで使用できなくなりますのでご了承ください。

■コースレイアウト
 ・全長約200m前後の立体LCを使用したフラットコースを予定しています。


【車両規定】
■チューンクラス : 公式レギュで使用できるチューン系モーターを使用したマシン
 ・使用するモーターは現行ラベルの新品未開封のものを当日受付に持ち込んでください。
 ・同一銘柄のモーターは主催側でシャッフルして再配布となりますのでご了承ください。
 ・ブレークインは必ずミニ四駆(ワークマシン可)に搭載した状態で行なってください。
 ・走行と同一条件の電池を使い、電池の逆入れによるリバース運転は可とします。

■ダッシュクラス : 公式レギュで使用できるダッシュ系モーターを使用したマシン
 ・使用するモーターを受付時に提示してラベル貼り付けしてください。
 ・大会に向けて事前にブレークインしたモーターの使用も構いません。
 ・ブレークイン方法は問いませんが改造と判断された処理は失格となります。

■モーターは1人2個までを受付時に登録しもののみ使用が認められる。
 ・チューン、ダッシュの両方に出走する場合は各1種類づつを受付で登録する。
 ・片方のクラスだけ参加の場合はチューン系2個、又はダッシュ系2個の使用となります。

■使用可能な単三型バッテリー(電池)について
 ・マンガン電池はパフォーマンスを考慮して使用禁止とさせていただきます。
 ・アルカリ電池は銘柄問わず、衣服などでの保温を超える加熱処理は禁止します。
 ・ニッカド電池、ニッケル水素電池の銘柄、容量は問いません。
 ・プラス端子の無いもの、ハンダ付けタブのあるような特殊形状の物は使用禁止。
 ・電池の改造は一切禁止、端子の鏡面処理は形状が変わらない範囲で許可します。

■バッテリー端子(金具)について
 ・形状変更などは認められないが端子圧力を保持する工夫は認められる。
 ・金具の取り付け位置の改造は認められない。
 ・金具の鏡面研磨などの処理はメンテナンスの範囲として許される。
 ・金具に接点回復剤などの塗布処理は禁止する。

■タイヤについて
 ・タイヤ表面をパーツクリーナー等で拭き取るのはメンテナンスの範囲しとて許可する。

■その他の規定
 ・電池の逆入れなどリバースシャーシ(前後or裏表)の参加は許可します。
 ・ここに記載されてない項目は「MTMレギュレーション」に順ずる。
 ・そのほかご意見、ご質問など御座いましたらご連絡ください。


mtm_race01.jpg
過去の大会は旧ホームベージの「MTMチャレンジCUP」のコンテンツをご参照ください、参考までに2009年開催のVol-02は今大会と同じような2クラスでの開催でしたのでご参照ください。
関連記事
THEME:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 | GENRE:趣味・実用 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

アクセスカウンター
アルカナコレクション
ジオターゲティング

ジオターゲティング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。